2019年05月22日

4割負けてもいいのです

seesaa_profile_icon

こんにちは、管理人のケイです。

バイナリーコンクエストは勝率7割をはじき出す優れた
ロジックなのですが、仮に、ロジックの全容を理解し
ていないとしても、6割勝てるとプラスになります。

つまり、10回のトレードのうち、4回は負けてもいいっ
てことですので、トータルでの負けは想定しにくいで
すね。



とはいっても、確たるロジックなしでトレードします
と、5割勝つのも難しいのがバイナリーオプションです。

なぜ上がるか下がるかを予想するだけなのに5割になら
ないのかと申しますと、引き分けの負けや十字線のよ
うな値動きのない場合の負けなどがあるからです。

それらは結構頻繁に発生しますので、確率5割とはなり
ません。43パーセント程度の勝率にしかなりませんね。

ですので、闇雲のトレードでは、回数が増えるごとに
講座の残高が減っていきます。

そして、一気に取り返してやろうとレートを上げたとき
に限って負けてしまうと、完全にアウト。



以上のようなパターンでバイナリーオプションからリタ
イヤされる人が多いですから、この機会に最低限の裁量
で勝率7割を目指せるバイナリーコンクエストに注目して
みてはいかがでしょうか。

裁量といっても難しいものではありません。

ほとんどがインディケータの状態を確認するだけでして、
やっているうちに意味がわかってくるほどですから、最初
から猛勉強する必要などないのです。



10月には消費税が増税されますし、粉ものや乳製品など
が値上がりしておりますよね。

何もしないで過ごしていれば、実質の給与は目減りする
ばかりですよ。


バイナリーコンクエストの詳細は、こちらで。
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by ケイちゃん at 14:31| Comment(0) | バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

なぜ1分よりも5分のペイアウトが低いのか

seesaa_profile_icon

こんにちは、管理人のケイです。

ほとんどのバイナリーオプション会社では、短期取引ほど
勝ったときの利益還元率が高く設定されております。

バイナリーコンクエストで推奨しておりますハイローオー
ストラリアを例にしますと、1000円のエントリーで勝った
場合、1分取引ですと900円。5分ですと880円です。



では、1分のほうが勝負が早いしペイアウト率も高いとな
れば、5分取引なんてする人はいないだろうと思いたくな
りますよね。

しかし、5分取引を好んで実践する人はある一定割合存在
します。



あえて勝負が遅くペイアウト率も低い取引を選ぶという
理由は、チャートの時間足を1分から5分へと切り替えて
みるとわかります。

5分足にしますと、十字線がほとんどなくなります。

つまり、引き分けで負ける確率が低くなりますから、ト
ータルで考えますと5分取引のほうが利益が大きくなると
いうわけです。

ですので、3分や5分の取引を好む人がいるわけです。



実際にも、長い時間足にするほど、チャートは綺麗に見え
ますし、バイナリーコンクエストのロジックが当てはまら
なくなるっていうことはありません。

反対に、30秒取引でロジックを検証してみましたら、勝率
が60パーセントくらいまで落ちてしまいました。

引き分けや1pipsの差による負けが多く、その後の30秒間
で狙った方向へ足が伸びる場合が多いということですね。


バイナリーコンクエストの詳細は、こちらで。
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by ケイちゃん at 13:52| Comment(0) | バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

ファンダメンタルズ分析は必要か

seesaa_profile_icon

こんにちは、管理人のケイです。

相場の分析にはテクニカル分析とファンダメンタルズ
分析の二種類があります。

テクニカル分析は値動きの法則性を利用したもので、
ファンダメンタルズは経済指標発表などの外部要因を
重視したものです。



1分取引のバイナリーオプションでは、テクニカル分析
のみで事足ります。

ファンダメンタルズ分析は長期のFXには有効でしょう
けれど、FXとレーダーの中にもファンダメンタルズ不
要を唱える人は多いです。

なぜなら、すべての外部要因は最終的にチャートの変動
として現われるので、テクニカル分析だけで事足りると
いう考え方です。



それでもバイナリーオプションのエントリーで経済指標
などの発表時を避ける理由はあります。

まず、チャートの乱高下が激しくて、変動が速いために
とんでもない価格で約定してしまったり、約定そのもの
ができなかったりします。

業者によってはペイアウト率まで変化する会社があるよ
うですので、あえてエントリーする理由は見当たりませ
んね。

勝ちやすい場面で勝負する。

それが高勝率を維持するための秘訣です。


バイナリーコンクエストの詳細は、こちらで。
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by ケイちゃん at 18:51| Comment(0) | バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。